【怖い話】本當にあった怖い話  - ホラー小説ゲーム

【怖い話】本當にあった怖い話 - ホラー小説ゲーム

敬請期待
評分過少

簡介

本當にあった...怖い話。

ゾッとする話、知りたいですか?
200問収録しています...1人で読まないでください。。

--収録作品---
あるカップルが休日を利用して地方へドライブに出掛けていた
その帰り道のこと

彼の運転する車は暗く靜まり返った夜の峠道を走っていた
二人は談笑しながら車を走らせたが峠の中腹あたりに來ると
何やら異変が起こり始めた

急に濃い霧が車を包み込み視界を閉ざした
「霧…?晝はあんなに晴れていたのに…」彼女が呟いた
プツンッ、ザー…ザー…
車の中で聴いていたCDの音楽が突然途切れてノイズ音に変わった
「…………」

やがて車の中は嫌な空気に押し潰されるようにどんよりとしていった
外の霧はますます深くなっていくようだった

ギィ…ギィ…ギイヤハハハ!

沈黙を破ったのはCDプレイヤーから流れる奇怪な笑い聲だった

「あれ何だ……?」
彼は呟いた

「どうしたの?」
彼女が聞くと彼は指さしながら言った

「前!見てみろ」
霧が広がるぼんやりとした視界の中

何かが周りに浮かんでいた
視界が暗くよく見えないが丸いバレーボールのようなものだった
十數個はあるだろうか

ソレは車の周りをぐるりと囲んで浮いていた
たまらず彼は車のスピードを上げる

その直後、車の周りに浮かんでいたものが
「ギャハハハ」と狂った笑い聲をあげながら車にぶつかってきた

グシャッ…ベチャッ…
まるで腐ったスイカが當たって砕けたかのように
ガラスに赤い汁と何かの破片が張り付いていた

ぶつかる寸前に二人はその正體を見ていた

空中に浮かんでいたのは大量の生首だった

ぐちゃぐちゃになって何だか分からなくなった

肉の破片をつけたまま彼は車を飛ばした

気がつくと二人は峠を越えた街のコンビニに車を停めていた

ガラスについていた肉の破片はいつの間にか消えていた

後で聞くところによると

その峠道では昔、戦が行われ
たくさんの人間が首を狩られたのだという
-------------

詳細資訊

總評分:

評分過少

該遊戲暫無評價

你可以為本遊戲撰寫第一個評價,和大家分享你的感受。

    帖子

    暫無帖子

    該遊戲熱門標籤

    更多

    MITURU KISARAZU

    更多

    相關推薦

    更多
    開啟 App
    • 一天一款全球精品遊戲,活躍的遊戲分享社區,遊戲本該這樣有趣

    • 原版和官服遊戲,無修改,不聯運,支持安卓正版遊戲購買

    • 只呈現真實玩家評價,無刷榜,不妥協

    TapTap
    發現好遊戲